始まりは2012メタトロンからのメッセージだった・・・

たとえば毎日まいにち、何年も聞き続けてしまうミュージシャンっていますか?

ジェイソン・ムラーズ。

カリフォルニア、サンディエゴが生んだ天才シンガー吟遊詩人。

たしか3枚目のCDのライナーノーツに書いてあったっけ。

『オーストラリアにコンサートで行った時ホテルの部屋のドアの外に

差出人のないダンボールが届いていて

中に何冊か本が入っていたんだ。

そのうちの一冊に

パラマハンサヨガナンダ著あるヨギの自叙伝という本があった。』

ただそれだけのコメントだったけど、それからたぶん10年以上の

歳月がすぎたのかな?

先月東京国際フォーラムで見た

ジェイソンは6次元に上昇中だった。

ありがとう!

ジェイソン!

ありがとう!東京公演!

標準

初めての世界へ

おやっ?

この道で良かったのかな?

たった一人で

空から降りて来たんだ

金属棒にちょこんとこしかけてさ

片方にプロペラのついた

簡単すぎる乗り物

霧の、深い霧の草原に降りたって

ひとりぼっちで夢のように歩いていた

白く深い霧の中でどこまでも広がる

緑の無邪気すぎる草原

細くて黒い小さな蛇が足元を一緒に進んでいる

ん?

ともだちだなとすぐにわかった

天使がね

いつもそばにいるんだよ

ひとりひとりにいてさ

一緒に歩いている

標準

ライトワーカーマイク

ライトワーカーマイクさんのサイトから学ぶことの

何と多いことか!

30年程前に、デザイナーのアンドレ・クレージュが

いつも宇宙人からメッセージを受けていると言うのを、聞いて、すごいなあ!って憧れていたんだけれど

気がつけば、今は

マイクさんのサイトを通して、私たち、毎日、普通に

いろいろな高次元からの大天使や宇宙人のメッセージを

聞いて生活してるんだよね。

2015年3月6日、今日は特別な日なんだ。

私が

覚醒した日。

神様ありがとう。

標準

後藤健二さんが残したもの

まだ、泣いている。

2月1日、健二さんが殺害されたと、報道された

日曜の朝。

それから、何日も過ぎたのに、まだ泣いている。

突然、今まで見たことのない大きなぼた雪が空から空から空から

降ってきて、そう、今日は2月18日。

灰色の街の、灰色の空から、真っ白な、8cmもあるかというような。

おびただしい数の万軍のぼた雪が、無言のまま、降り注いで来る。

健二さんの雪だ!

健二さんの雪だ!

これは健二さんの雪だ!

私には解る。

これは健二さんと万軍の天使たちの

そう、無条件の優しさ、

無条件の光の

しるし。

標準

DNA

2015年が始まりましたね。

何か、心の中で、パラリとカレンダーがまくり取られたような

いさぎよさが湧いてきた。

いい兆し。

はりきゅう治療は眠ってしまってる細胞を叩き起こしてくれる

すごい効果があるんだよね、突然だけど。

それで、今考えてるのは眠ってるDNAを起こす方法。

標準

選挙

先週の衆議院選挙でね。

裁判官の投票が最後にあるでしょ。

裁判官、いらない人に❌しろって言ったって、日頃判断できる情報もってないから

今回も無記入で投票したんだけどね、主人も私も。

20才の息子がね、全員に❌して投票したと言うので、ふざけてたのかと思って注意しようと

思ったら、こういうんだよね。

『ひとが人を裁くべきでないから。』

標準

ミッドタウン、12月

六本木、東京ミッドタウンに来ています。

スタバのまえの中庭。みんななんとなくのんびりと

歩いたり、コーヒーでくつろいでる。

大きな樹木をイメージした鉄骨の枝枝のうえに薄っすら

見える年末の空。

誰も知らないのに、違和感がない、もちろん一人だっていう

孤独感もない、自宅のリビングにいるのと変わらない、

いいね! ココ!

標準

進化

DNAの世界って、一握りの科学者が研究する分野なの?

自分の体、自分でもっと知ることができるはず。

振動して、動き回って、交流してるよね。かすかにきこえる、素敵な音楽がある。

深呼吸して、すてきな無条件の愛のエネルギーを取り込んで

眠っているDNAをノックして、呼び覚まそう。

きっとできる。

標準